肌がきれいな女性

にきびは、10代にできるものと、思春期を過ぎ成人してからできる大人ニキビの2種類があります。どちらも皮膚にでき、外見も似ていますが、原因や発生しやすい場所など違いが見られます。

思春期ニキビは、過剰に分泌される皮脂によって発生すると考えられています。男子も女子も、第二次性徴期(13~18歳)に入ると、成長ホルモンが活発に分泌され、皮脂腺を刺激するようになります。刺激された皮脂腺からは、皮脂分泌が増えますが、増えすぎると外に排出されずに、汚れとして体内に残ってしまいます。汚れがたまると毛穴を塞ぐようになり、これがにきびの発生の原因となります。古い皮脂や角質は、アクネ菌と呼ばれる細菌のエサになりますが、アクネ菌が増えるとともに、にきびも増えていきます。思春期ニキビが発生しやすい場所は、皮脂が活発に分泌されている顔のTゾーンやこめかみです。こまめに顔を洗うなどして清潔を保つことで、にきびの悪化を防ぐことができます。

成長期後に発生する大人ニキビは、20代以降の成人にできるという特徴があります。大人ニキビが発生する原因は、ターンオーバー(肌が生まれ変わる一定のサイクル)の乱れと言われています。通常肌は一定のサイクルで生まれ変わり、肌を健やかに保ちます。ところがストレスや加齢、日常生活の乱れなどの要因が重なると、ターンオーバーが乱れるようになります。ターンオーバーが乱れると、古い角質は皮膚に残るようになり、増えると毛穴を塞いでしまいます。これが大人ニキビ発生の仕組みです。大人ニキビができやすい場所は、乾燥しがちな口の周りや頬、アゴなど、広範囲にわたります。肌を清潔な状態に保つのはもちろんですが、大人ニキビの場合はストレスをためないことが発生を予防するポイントになりますが、生活習慣を整える、十分に睡眠をとるなどの対策があります。オーバーターンは睡眠時に行われますので、特に質の良い睡眠は欠かせません。

思春期ニキビと大人ニキビの大きな違いは、発生する原因にあると言えるでしょう。思春期ニキビは、成長期を終え皮脂分泌が落ち着くと同時に発生しないようになります。大人ニキビはホルモンの分泌よりも、ターンオーバーが乱れることで発生しますので、にきびが発生しやすい場合は、生活習慣を見直してみましょう。どちらのにきびも悪化すると皮膚がでこぼこになったり、ニキビ跡として残ったりする可能性が高くなりますので、こまめにケアする必要があります。