『目指せ!8020!』健康寿命の要となる歯科検診のコツ

長寿を目指すなら絶対にするべき『歯科検診』

なぜ歯医者さんは予約が難しいのか

歯医者さんも医療施設、つまりは病院です。
歯医者に限らずに病院に行く人は、だいたい痛みなどの症状が出てから診療を受けるものです。
健康診断や人間ドッグなどの健康に関わることは積極的な人も多いのですが、なかなか歯科検診に前のめりになる人は少なく、早期治療をスタートできるケースが少ないのが問題です。

特に歯科治療においては、1回の治療で完治させることがほとんどできませんし、薬を飲んで様子を見るということも難しいものです。
また治療が必要な歯が数ヶ所に及んでいる場合は、全てを一気に治療することができません。
そして毎日連続して治療を行うということもできないのです。
その理由は、食事など日常生活に支障をきたしてしまうからです。

これらの理由により週1回程度で何度も通院が必要となるために、歯医者さんは予約でいっぱいになってしまうのです。

予約が取りづらい『3つの理由』

歯医者さんの予約が取りづらいのには、3つの理由が考えられます。

まず1つめの理由は『病院の規模』にあります。
歯医者さんのほとんどは、個人で経営しているような小規模な医院です。
先生1人が1日に診ることができる患者さんの数には限りがあります。
純粋に人手不足の可能性も考えられるのです。

2つめの理由は『病院の利便性』です。
例えば駅前にある、遅い時間や土日祝日でも診療可能、救急診療に随時対応している、などでしょうか。
患者にとって便利な歯医者さんであれば、いつでも混んでしまうのは当然でしょう。
そういった場合、なかなか予約が取れないのも頷けます。

最後に3つめの理由は『予約の希望日時』です。
土曜日の午前中や、平日の遅めの時間など、お勤めの人が利用しやすい時間帯を希望してはいないでしょうか。
受診を強く望むのであれば、日時に関しては妥協や譲歩が必要なのかも知れません。